So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の1件 | -

桐生祥秀 17歳 陸上男子短距離 織田記念大会 4/29 100メートル 10秒01 9秒台 伊東浩司 [スポーツ]

洛南高(京都)の桐生祥秀選手(17歳)が
4月29日にエディオンスタジアム広島で行われた
織田記念大会の100メートル予選で、
10秒01とゆう、日本歴代2位の記録を出し、話題をさらっている。

img_2c685f0b7aefaf1fc21ef59012ccfd22319581.jpg

なんと、男子短距離では15年前に、
伊東浩司選手が10秒00を記録して依頼だとか。

桐生祥秀が記録を出した10秒01という記録は

20歳未満の世界記録だそうで、

世界で一番早い17歳になったわけだ。。

凄いですね。。。

ついに日本人初の9秒台が見えて来ましたね!

記録。とゆうのは不思議なもので

先ほどエベレスト登頂の記事

http://yumekata-trend.blog.so-net.ne.jp/2013-04-30-1

を投稿しましたが、

エベレストも、最初に人が登頂成功するまでには、

何人も犠牲者が出て、命を落とす人が多かったそうです。

最初にエベレスト登頂を目指してから、登頂に成功したのは約50年後。

初登頂に成功してからは、色々なルートを発見したりなどで

今では年間ものすごい数の登山者が押し寄せ、渋滞することも多くなっているとのこと。

一回壁を壊すとその後はそれが当たり前になる。

まさに、未常識(非常識ではない)が常識になる瞬間を

近いうちに拝めるかもしれない。

短距離陸上界での桐生祥秀選手に注目したい。

もしかしたら、10年後くらいには、

『100m、10秒00??? 遅いね。』

なんて時代が来るかも。。。。。

この先が気になりますね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - スポーツ ブログトップ
ケーキタイプのファンデーション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。